カテゴリ
全体
UO
DOL
WoW
QMA
FEZ
PCゲーム
リアル・オンライン
NZ
映画
エアライン
ネット
捕鯨
未分類
以前の記事
2014年 07月
2014年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 10月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 05月
2005年 04月
フォロー中のブログ


エウロス回顧録3

■イスパニアでの活動決意

ある時、当時のイスパニアの投資をリードしていた桃●さんに
どうして本国と眼と鼻の先にある地中海はポルトガル港なの?
と聞きました。

すると、

「サンフアンだって、たった数十Mで他国に取られてしまう。
今のイスパニアの国力では、防衛をまず優先しないといけない」


と諭されました。 それ以来、
微弱ながらカリブに投資を入れるようにしたのを覚えています。


結局、僕はイスパニアを離れようとは思いませんでした。
弱小勢力ゆえの、連帯感やまとまりのようなものがありました。
小さいなりに頑張っていこうという協力意識が当時は強かったのです。

そのコミュニティに心意気を感じて、
僕はイスパニアでプレイすることを選びました。


-----
■チュニスの旗が変わる瞬間

Eurosイスパニアに転機が訪れたのは、2005年5月のことでした。
小さいながらもコツコツとコミュニティを広げてきたイスパニア人が
呼びかけ合って、一斉にチュニスに投資に動いたのです。

僕がチュニスに到着すると、もの凄い数のイスパニア人が
太守ムライサハン目がけて走っていました。

当時、投資申請書なんてありませんから、皆ブーメランで往復をしました。
チュニスは黄色い旗の人々で溢れ、
一体どこにこんなにイスパニアに人がいたのかと言われたほどでした。

数時間後、チュニスは陥落してイスパニアになりました。
旗が変わった瞬間、僕もムライサハン氏のすぐ隣にいて、
目頭が熱くなる思いで喜んだのを覚えています。

弱小国として、
港を守るのがやっとだっただったイスパニアの転機になりました。
はじめて、多くのイスパニア人が協力して、新たな重要港を獲得したのです。

当時の盛り上がりは凄く、「サビレアに代わってここを首都にしようぜw」
と冗談を言い合っていたほどでした。


-----
■ピサとベルベット

DOL当初は、僕は恥ずかしながらPKをやっていました。
カリブの海賊のRPみたいな事を、やっていたのです。
時には、PKだったカイ●ーソゼさんやサイ●マイクロさんと一緒に、
サンフアンとサントドミンゴの間で張りこんだ記憶があります。
「カリブの海賊になるんだ!」と意気込んでいました。

当時はレベルが低かったので、アラビアンガレーに乗って
着のみ着のままの装備と低いスキルで頑張っていました。

しかし、DOLというゲームに慣れるにつれて投資家を志望しました。
地図を塗り替えてイスパニアに一番貢献できる職業だと思いました。


チュニスの件から数週間後、今度は又●イエスさんの個人投資により
ピサがポルトガルからイスパニアになりました。

後日になって、ポルトガルが奪還してしまいましたが、
僕も駆け出しの投資家として参戦し、ピサに黄色い旗を立てました。

その後9年間の間、フランスやポルトガルとの係争を抱えながらも
ピサはイスパニア港として定着することになります。

奪還の際に僕もピサランカーになりましたが、
その時たまたまベルベットが初産出し、Eurosのピサからはじめて
ベルベットを持ちだした商人になりました。


その頃、カリブ(当時実装されていたのは3港だけでしたが)も
多くの人の努力でイスパニア旗に戻り、
小国ながらも徐々に発展の光が見え始めていました。

桃●さんとその仲間が個人投資で維持されていた
ザンジバル・モガディシオも合わせて、
5港まで減っていたイスパニアの同盟港は、11港まで増えたのです。
[PR]
# by lem_messias | 2014-07-02 13:01 | DOL

エウロス回顧録2

■イスパニアについて
私がDOLをスタートしたのは、2005年の4月頃だったと思います。
それまでプレイしていたUOに区切りをつけまして、
PvPで殺伐としたUOとは違う、のんびりゆったりしたプレイがしたく

「おお、大航海! 海も楽しそうだなぁ」

という思いでDOLを選びました。


UOでは比較的弱小ギルド、弱小勢力に所属していた故に
様々な気苦労や無理を繰り返した経緯があるため、
一番上に表示されていたEuros、イスパニアを選びました。

「一番上の鯖、国ならきっと人も多いし、
 余計な気苦労せずにプレイできるだろう」


そういう発想で、イスパニアにやってきたわけです。
その結果が、とんでもない事になるとは知らずに。


-----
■サビレア

ところが、実際にプレイを開始して少し経過すると
想定していたことと全く違う状況に直面しました。

初期の時代、欧州の海が"人人人"で溢れかえっていた時代なのに
驚くべき事にイスパニアには殆ど人が居なかったのです。

すぐ隣のリスボンには、街から溢れんばかりの人がいる。
物凄い数の中華がいて、「木の下、コショウを売り出す!」と
シャウトが絶え間なく飛び交い、イベントやツアーも開催されている。

ロンドンに行くと、これまた物凄い数の人・シャウト・バザーがある。
それなのに、イスパニアのセビリアには、バザーなんてせいぜい2,3人、
シャウトもないし、検索すると30人しか人が居ない。
挙句の果てには、昼間っから酒場の前に酔っぱらいが寝転がっている。
『サビレア』と呼ばれて馬鹿にされていたほどでした。

なんだこれは?とんでもない過疎国家を選んでしまったんじゃないかと
愕然とした記憶があります。


-----
■カサブランカの悲劇

Eurosイスパニアがこのような過疎に陥ったのには理由があって
僕が始める直前に行われた第一回カサブランカの大海戦で、
ポルトガルに大敗していたのです。

当時は援軍で15対5という状況もできてしまう仕様でした。
また大海戦にも関わらず収奪もありました。

アイテムを取られ、大砲を取られ、
リンチに近い人数差で敗退をしたイスパニア。

初期でしたから、多くの人がイスパニアの行く末に絶望し、
ポルトガルでキャラを作り直したと言われています。


カリブにはイングランドの旗が立ち、同盟港といえばナポリとシラクサ、
だめぽ三兄弟(カルヴィ、サッサリ、カリアリ)しかありません。
地中海の都と呼ばれたジェノヴァには、リスボン・ロンドンに匹敵するほどの
人で溢れかえっていましたが、そこにはポルトガルの旗が翻っていました。

その隣のピサもポルトガル。
そしてジェノヴァでの投資戦はポルとイングの間で行われ
弱小国であったイスパニアには参入の余地など全くありませんでした。

ネットの掲示板では、

「イスパニア最強!」

という皮肉ギャグが使われていました。


一方で、「陽気なイスパニャン」という言葉も生まれました。
これは、小国だけど他国のような国同士の争いに執心せず、
陽気に暮らす人たち、というイメージによるものでした。

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 イスパニャン!イスパニャン!
  (  ⊂彡  
   |   |
   し ⌒J

それ自体は悪くはないのですが、
要はポルトガルとイングランドという2大国の争いに割って入る
力が無かったことの裏返しでもありました。
[PR]
# by lem_messias | 2014-07-02 12:56 | DOL

エウロス回顧録1

DOLを離れてゲーム実況者()などを演じておりましたが
5年半ぶりに恥ずかしながら復帰しました。

とは言っても元々復帰するつもりはなく、
放送の懐古ネタで一回限りのDOLということで、
コペンハーゲンからナポリに琥珀を運搬するという
すごく地味なプレイをやっておりました。

やってみて分かったのですが、このゲーム
放送向きじゃないですよね・・。
航海中に話をつなぐのがしんどいです。

ともかく、そのプレイの際に、
ナポリのギター少女を見て懐かしさがこみ上げ、プレイを続けるうちに
気が付くとすっかり復帰してしまっていた次第です。

アテネとセビリアにあるいくつかの商会にも入れていただき、
船をOP付きのものにしたり、地道に管理技術上げをしたり
天文学を取ってみたり、商会メンバーとドック紙を取りにいたりと
様変わりしたDOLを地道にエンジョイしています。

復帰して1ヶ月半ほどしましたが、色々思うところがあり
思い出のようなものを纏めてみたいと思います。
自分にとってネガティブな情報もありますが、昔のことですからね・・・。
[PR]
# by lem_messias | 2014-07-02 12:48 | DOL

DOLに復帰して

5年半のブランクは長かったみたいで
予想以上に変更点が多いなあと、感じます。


■船
昔は無かったFS造船やら改造やらリビルドやらで
凄いことになってますよね。

OPスキルも当時は無かったんですよ。
同じ船種でも全然性能が違います。

普段5垢で活動しているので、
商会の造船屋さんたちに逐次発注してますが、

昔とは違って数百M単位で費用がかかりますし
管理技術やらも上げないといけません。

ちなみに僕の時代には副官船もありませんでした。
今必死に副官レベルを上げてます。


■交易
南蛮交易も無い時代の人間だったのですが
5垢+副官+南蛮で昔とケタ外れに稼げますね、

当時は10Gくらい稼ごうとすると、
それなりに大変な事業だったのですが
今ならわりとすぐに稼げそうです。

船、副官船、サブキャラの貢献度上げがまだまだなので
本格稼働まで時間がかかります。
真面目に投資家やるつもりはないけどね。

ちなみにナツメースの売却価格も上がっているので
寝る前にアンボイナに回航→翌日積み込んで欧州で売却でも
片道1時間の半放置移動でそれなりの利益が出せる計算。
南蛮めんどくさい時はこれでも生活費くらいは
手軽に稼げる気がします。

売り場もふっかけも過剰に拘りません。
ちょっとでも相場が良ければ、軽くふっかけて即売る。

東洋~欧州の移動時間が1時間を切る時代では、
積み込み・売却の時間 > 移動時間 になりますからね。


■北極
d0019446_12343212.jpg

ノルウェー、欧州最北端のノールカップ。高さ300mの断崖絶壁。


グランアトラスの北極航路にわりとハマっています。
リアルでも辺境好きで、果てっぽいとこに旅行に行く事が多いので
あの誰もいない寒々しい雰囲気が、いいですね。

非常に稀に他のプレイヤーと遭遇すると、手を振ってみたり。
そうするとジェスチャーが返ってきたりします。
「おお、辺境の同士よ!」みたいな感じで・・・w


最近は

1.ペテルブルクでアレキサンドライト積み込み
2.北極方面の地理クエを受ける
3.地理クエをこなしつつ日本に移動
4.南蛮積み込み、クエ報告&欧州行きのクエを受けて帰還

みたいなことをやってます。
アレキサンドライト無双で南蛮相場なんてそんなに気にしなくても
満載できちゃいますからね。

垢が多い人は、移動時間よりも、
積み込みの手間・回数を減らすことがそのまま時給に反映されるので

一発の積み込みでほぼ確実に南蛮満載のアレキサンドライト、
素晴らしいですねw

欲を言えばスキルR20の上限をもう少し上げてくれないかな・・・。
[PR]
# by lem_messias | 2014-06-27 12:25 | DOL

鯖統合について

僕たちのEurosがAstナントカ鯖という変な名前に変更されて
得体の知れないBナントカという鯖と一緒にされて少し経ちました。

鯖統合に絡む動乱を見ていて、アニメの「ぼくらの」みたいな
感じがするなぁ・・・と何となく感じていました。

あの作品では、増えすぎたパラレルワールドを削減・淘汰するために
ワールド間の人間を戦わせて、淘汰するという面白い設定がありました。

DOLで今まさに起きていることはそれに近いことで、
Eurosでは旧3国が大国、
Boreasではネーデルとヴェネツィアが大国という状態があり、
全く情勢もカルチャーも異なる2つのワールドが強引に統合された結果
これまでの経験では考えられない出来事が起きています。

全体としては、フランスを除いては旧E鯖寄りの情勢が反映された形に見え、
(それも表面上の話で、裏ではじつに様々なドラマが起きていますが)
もし僕が旧B鯖の、ネーデルの、ヴェネツィアの投資家であったとすれば
無念極まりない思いを抱いただろうなと、思っています。

とは言え、力があれば旧B鯖寄りの情勢も再現することができるわけです。
彼らに力があれば旧B鯖を再現することもできますし、
力無き者は淘汰される。

世の中の原理原則通りに動いているだけとも、言えますね。
[PR]
# by lem_messias | 2014-06-24 12:30 | DOL

PSCはやっぱり面白い

最近は辺境でこっそりPSCをやったりとか、
DOOMに籠ったりとかしています。

PKとしてPSCに参加するのも楽しいものですが
青としていかに短時間少人数でPSCをやりきるか
挑戦するのもまた楽しいものです。
PvMは初心者同然なので苦労してます。。。

儲けは今がUO始まって以来、一番儲けてるくらいですが
ドキドキ感は昔PKやってた方が上かなぁ・・・

6番(島)あたりで、青軍団が
蝋燭が5本6本と進んでいくのを幽霊でウォッチしながら・・・

「いきなりPKの大群が現れて驚くだろうなぁ・・・」
とか思いながら複数の船上で待機したりとかして。。

ああいう襲撃前の特有のドキドキ感ってのが
PSC PKのすごい醍醐味だったんですよね・・・。
他のゲームでもPKを試しましたが
あれはUOでしか楽しめないものですね。


今はPKは引退しましたが
最近また飛鳥で徐々にPK被害が増えている気もするので
少しはPKと戦える位には圏外キャラ(青)を整備しようと思います。

昔はLava青なんぞをBuz(便乗ウマウマ族)などと称して
煽っていた僕ですが、
(見込みに反して全く流行りませんでしたが・・・・)
僕自身が便乗ウマウマ族になってしまいました。。。


・・・まぁ、僕がPKをやっていた当時の飛鳥は
PKK(AWC)のACTが30を超えていましたからそう命名したのですけど
今となっては青でもそれほど便乗できるわけではないですので
たぶん時効ですよね・・・。

ぼちぼちがんばります。
[PR]
# by lem_messias | 2010-04-20 20:02 | UO

フィッシング・ライフ

公約(?)どおり飛鳥で釣りとか生産とかやって暮らしています。
UOは8年か9年前からやっていますが
ここにきて初めて釣りとアルケミーがGMになりました!

まだまだUO、知らないことやってない事が多いですね!
PvPやってると、そればかりやることになりがちですし・・・。

しばらくはメラー生活満喫する予定です。
(PSCは普通にやってるけど、あまりPKこないので・・・)


あと、飛鳥ではもう使いもしない赤ネームが2人もいて
キャラスロット圧迫しております。
1人、どっかの田舎鯖に飛ばしてしまおうかな、とか・・・
アリランとか観光したりとか、面白そうですね。
[PR]
# by lem_messias | 2010-03-20 13:36 | UO

休閑日

[YGW]
昨日は疲労困憊で無理でした・・・。
12時頃からスタートするから、結構きついなぁ・・・。


[ガーデニング]
すみません!
いろいろと多忙でまだGH飾れていない系なのです。

綺麗にできたらSS張りたいな・・・


[その他]
一応コメント可能に変更しました。
(嵐が来ない限りは・・・。クレームは受け付けます。)

万一連絡事項のある方はご利用ください。
[PR]
# by lem_messias | 2010-03-12 00:07 | UO

ガーデニングPvPer(志願者)の1日

[ASK]
今日は仕事が休日だったので、お昼に少人数でPSCなどをやってました。
T2Aを何回かまわして、デスパを始めるとPKが1人でやってきました。
見覚えがある!と思ったら、昔同じPKギルドにいた人でした・・・。

僕のバードネクロメイジ、あっさり殺されてしまったけど
対人キャラでも殺されてたと思う。

再突すると、青キャラが弓でバコバコとボスを攻撃してて
赤ネームがうろうろと周囲を巡回している感じで・・・。
よく見たら、その青キャラ、PKの青キャラだったんですね。
同じギルドに居たから知ってたのですが・・・。

なるほど、最近のPKはこうやって2垢でPSCを強奪するのね!
などと妙な感動に浸りつつ、
でもバードネクロメイジで忍者PKなんてどいやって対抗すればいいんじゃ!
ていう状況で

PKに扇動とか沈静なんて効かないよな!?
とか
お菓子なことを少し真面目に考えたりとか。。

僕はとりあえずその弓の青キャラをばこばこと攻撃してみました。
PKには他の青やギルメンが順次攻撃を始めるかんじで・・・。

しばらくすると、弓の青キャラ慌てたように逃げ出します。
その様子を見て、僕は
「このPKの中の人、画面の前でどうやって操作してるんだろうなぁ・・・
ものすごい勢いで、赤と青交互に操作してるのかな!?」
などと想像を膨らませます。

結局、
その状況でも僕は弓の青キャラに対抗できずに宇宙に逃げちゃいましたが
後ほど同ギルドの戦士さんが赤キャラの討伐には成功したみたいでした。

結局PSC自体は、PKの青キャラとこちらで分け合う形になっちゃいましたね・・・。でも何か面白かった!

あとは・・・・
メラーキャラとはいえ、数人がかりでないとPKに対抗できなくなった自分に
軽いショックを受けたりとか。
僕PKやってた頃、お菓子なプライドがあって
そういうメラーな人々を見下してるところあった!
(UOのPvPer全般に言える部分ありそうですけどね・・・。)
今の自分、見下される側になってしまいました!

ただ

PvPerの生活ってトラメラーあってのものなんですよね。
大和うろついて、POT屋がやけに多いなぁとか思ったんですが
こういうお店がYGWを支えてるんですよね。

そう考えると。

過去の自分はとても視野が狭かった気がします。
何か硬くなってきましたね・・・。

とりあえず
UO楽しめてるならそれでいいのでは!?
と考えて開き直りました。


[YGW]
昨日からいろいろと個人的に対策を打った部分で
1度、被を回避できた部分があって、そこがやっぱ嬉しかった。
小さなことだけど、こういう楽しみの連続なんだなぁ・・・。

いろいろ自分的に課題はあるけど
前に進んでる感があるので良いです!

あと、僕にパラハメ試みられた方がいたような気がしますが
僕にパラは入らないですよ!
そんな事言っておいて、こっそりレジを抜く工作とか
そういう、ショボイこともしないからね!(多分。。きっと。。)

DEX低いから、是非ペイン狙ってください。
それで大抵死んでます。
もちろん、改善予定ではありますが!

「そんなことしなくったって、お前なんぞ走ってるだけで轢き殺せるぞ!」

という声が聞こえてきました。それが正解です。


明日早いので今日はこれくらいで!
[PR]
# by lem_messias | 2010-03-09 01:05 | UO

それはピクニック

d0019446_2135352.jpg


今日の戦争が終わった後、
読者の方からお花屋さんのご紹介をいただきました!

まさかほんとに紹介してもらえるとは思ってなかったから
嬉しかったです!
ありがとうございました!

これでGHが綺麗になりそうですね。

------------------------

今日も長々とギルドの面々とディスカッションしました。
これからのGHの飾りつけをどうしようだとか
お互いにもっとこうしたらいいんじゃないかとか。
率直に言い合う感じがとてもいい感じで・・・

いつも、楽しくUOやりましょうって言ってる僕ですが
UOでPvPやってて一番楽しいときって
昨日の自分より上手くやれてることを体感できた時な気がします。
だから、毎日ちょっとずつ上手くなれるように
必ず一工夫ずつ、日々何かをしていけたらいいな・・・。

------------------------

Warとは直接関係が無いけれど、復帰してみてPvPerの数が
以前より減っていることは否めない感じで・・・。
自分がやれることがあるとすれば、心理ハードルを押し下げることでしょうか。
UOのPvPは長い間、とかくハードルが高い印象を持たれてきたと思います。
だから、UOをやっていながらPvPを全くやらずにいる人も多い感じです。

他のMMOも色々とためしましたが、
やっぱり、UOのPvPって絶対面白いと思うから。
こう、もっと沢山の人が入ってこれるように
なにがしかの事がやれればいいと思っています。

・・・とりあえず

現状トラメラー同然の僕が
YGWという古参ひしめく戦場でどれだけやれるのか。
もし、ほんの少しでも戦えたとするならば、このブログを見て

「あ、自分にもできるかも!?」

そう思ってUOのPvPに足を踏み入れてくれる人が1人でもいるならば。
そういうささやかな野望めいたものは持っていたりします(笑)
[PR]
# by lem_messias | 2010-03-08 02:33 | UO